業務日誌

日々の仕事から見たり聞いたり感じたりしたことを。

2013年2月 1日 (金)

不安。

女子柔道の例の件で思い出したのですが、中学ん時の部活の顧問なんか、長さ40~50cmの竹の棒にリボンをつけた、通称:リボンギャル(そういうスナック菓子があったのです、当時)で、尻やら腿やらバシバシ叩いてたよなあ。あれ何だったんだろ。ネーミングセンスも含めて。

閑話休題。一昨日の新聞記事より。

Simag0116

派生する事故や怪我人がなかったのは不幸中の幸いでした。まったく他人事ではありませんので、充分に気をつけていきたいと思います。ところで10年ほど前、この写真の奥100m程先の大淀大橋の上でやらかしたことがあります。

とある会合で使用したステージ看板(4m×1m)を撤去してトラックで持ち帰る途中、強風にあおられ看板がぴゅ~っと……
 
幸いにも看板は歩行者道に落ち、親切な通行人の方が欄干に結び付けておいて下さったので事なきを得たのですが、後続車や対向車に向かって飛んでいたら……と思うとゾッとします。
 
作れば「気に入ってもらえるか」と不安だし、運べば「事故らないか」と不安だし、取り付ければ「台風のとき大丈夫か」と不安だし、まったく「不安タスティック」な商売です。

Simag0122  
(助手席から撮りました。念のため。)
 

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

Tシャツあります。

 このたびプレス機を導入し、Tシャツなどのプリント業務を行うこととなりました。

 
121115t_2
 暫く(年内)はテストを重ねつつ、素材の組み合わせや、機械の設定など慣らしていきたいと思っています。が、納期や仕上がりに寛大で、自ら実験台になってもいいよという方は(笑)、是非声を掛けてください。お試し価格で提供させていただきます。
 

| | コメント (7)

2012年11月12日 (月)

お菓子まつり。

 …というイベントの設営を毎年させていただいてます。
Gate
 即売会やもちつき、お菓子・ぜんざいの振る舞い、宮崎銘菓の展示など行われるのですが、
 
Mochi
 小学生の子供たちが「夢のお菓子」をテーマにデザインし、プロのお菓子職人がそれを実際に作ってしまう、という企画があります。
 
Design
 今回、優秀賞に選ばれたデザインと、実際に制作されたお菓子6作品をご紹介します。
 
1a
 
1b
 
2a
 
2b
 
3a
 
3b
 
4a
 
4b
 
5a
 
5b
 
6a
 
6b
 子どもの発想力と、それを再現するパティシエの技術力には毎年感心します。
 
 

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

木。

 最近の仕事から。といってもちょっとだけですが。

Hana01_2

Hana02

外装のリニューアルに伴い、看板のご注文をいただきました。有難うございます。

食楽酒房 花いちもんめ
宮崎県児湯郡高鍋町大字高鍋町706
0983-22-5827

おまけ。知事のフェイスブックから写真を拝借。

Wakaba

 

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

三代目。

 本日のプリンタくん。

Dscf1571

Dscf1572

 …って昨日と変わってる!はい失礼しました。本日から我が社の三代目プリン太を襲名しました、ローランドのVS-540です。よろしくお願いします。

 ウチは超零細企業ですし、それゆえどうしても周囲の同業・異業種の方々とチームを組まなければ達することのできない物件もあります。では逆に、周囲に対して何が提供できるだろう?と考えたときに、実はこれまでほぼ何もありませんでした。

 そこで今回、宮崎ではあまり導入されていない(らしい)、白インク・メタリックインク対応のプリンタを導入することにいたしました。とくにいつもお世話になっている皆様に恩返しできればと思っております。

 もうしばらく勉強し、ある程度使いこなせるようになりましたら(結構フクザツなので)、サンプルなども作り、このブログでもご紹介させていただきたいと思います。ご質問、ご依頼、ご相談、お待ちしております。

| | コメント (2)

2010年12月26日 (日)

年末年始休業のお知らせ。

 平素より大変お世話になっております。

 まことに勝手ながら、次のとおり年末年始休業のご案内をさせていただきます。

 2010年12月29日(水)~2011年1月4日(火)

 (既に決まっている一部物件は除きます)

 新年は1月5日より通常通り営業いたします。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

厳しさ。

 創作の深い深い井戸に入ってはや数日。寝ても覚めてもそのことで頭がいっぱいになり、話もよく聞こえないし、食事の味もよくわかりません。井戸の外で起こる些細なことでイライラするし、ホントいつまでこの状態が続くのか不安で心細くなります。但し(僕の場合は、ですが)眠れないということはありません。むしろ良く眠れる(笑)。

 「でも、やるんだよ。」というのはサブカル界の合言葉ですが、そう、でもやらなきゃならんのです。

 今度SSで行われる企業プレゼンにおいて、仕事を行うにあたっての“厳しさ”を発表しなければならないらしいのですが、この産みの苦しみと、それに伴う孤独感、絶望感というのは間違いなくこの仕事をする上での厳しさのひとつではあります。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

現場の日。

 本日も現場の日。とりあえず予定された内容は完了。心残りや反省点がないわけではないけど、キリがないので見切りも必要。

 リスペクトのある現場は楽しい。こういう現場を作り上げたのは、ひとえに現場監理I氏の人柄と、細やかな気配りと、決して表に出さない努力によるものと思う。できる監理者は、建物を作ると同時に、現場の空気も作っているのだと感心。以前読んだ、「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ漁船で学んだ」という本のことを思い出した(内容はリンク先を)。

 互いを尊重し、仕事は楽しく、と思った一日。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

コピー。

 ここ数日は我慢の日々。思いどおりにならないこと、不愉快なこと等々・・・。しかし今日はとても嬉しいことがあったので、それだけを抱きしめて今日は寝ることにします。まだ寝ないけど。

 直接のクライアントではないし、これから打ち合わせして煮詰めていく物件なので、あまり詳しくは書けないのですが、「とある家畜の伝染病の一次的な被害を受けた方々が、支援してくださった方々に対するお礼のメッセージ、および、被害者同士を励ますような内容のコピー」を考えなくてはならなくなりました。そう、看板屋はあるときはコピーライターにもならなければいけないのです。

 ちょっと脱線しますが、渡された原稿をただ看板に仕上げるのではなく、前後を入れ替えたり、単語を変えたり、より伝わる「強い」言葉にするのは、案外見過ごされている看板屋の重要な仕事だと思っています。役所の文書みたいのがそのままチラシになっているようなものをたまに見ますが、文書には文書の、チラシにはチラシの言葉があり、看板には看板の言葉があります。

 で、そのコピーですが、思うに、「もう大概出尽くしてないか?」と思ったりしています。何か画期的な、インパクトあるものはないだろうか・・・と思いつつ、今日は疲れちゃったので、家に帰って考えます。それでは。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

試練。

 昨日は、宮崎県SAP会議連合(以下SAP)様の代表者会議の看板を設置し、そのまま会議にも参加させていただきました。SAPというのは簡単に言えば、県内の農業青年の学修組織です。そして僕の属するSSグループは、その商業版として設立された経緯があるため、普段より交流があります。

 本来は5月に開催予定の会議(総会)だったのですが、ご存知のとおり口蹄疫の影響で、この時期の開催となりました。復興は緒についたばかりですが、このような困難の中でも新しいことに挑戦しながら前に進もうという姿勢は、大変頼もしく映りました。僕にできることがあれば協力させていただきたいと思います。

Sap

 ところで、今日になって入ってきた心配なニュース。

 えびので口蹄疫類似症状 小林の競り中止(宮崎日日新聞)

 ようやく再興への歩みを始めた宮崎に、更に試練が続くのでしょうか・・・。

【2010年9月3日追記】

 口蹄疫疑いの牛は、遺伝子検査の結果、陰性であることが判明しました。テレビではニュース速報のテロップまで出たので、やはりオオゴトだったのだなと改めて思いました。とりあえず安心。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧